行政書士試験対策に通信教育がオススメな理由

時間・質・お金・・・、総合的に考えれば断然「通信」が良い

行政書士は合格率一桁の難関国家資格。だからこそ、巷に溢れる様々な学習法を吟味し、最も相応しい方法を見つけることが、合格への近道であると言えるでしょう。

しかしながら、仕事を持つ社会人の場合、ゆっくりと教材を選ぶ時間的な余裕も、あれこれと学習法を試す金銭的ゆとりも十分とは言えないでしょう。
そのため、多くの社会人受験生が毎年、適当に選んだ“非効率的な受験勉強”で本試験に臨み、行政書士試験の合格率7%の壁に敗れているのです。

“非効率的な学習”とは、何も独学だけを指すのではありません。
行政書士試験のような合格率一桁台の難関国家資格の場合、どうも「予備校への通学こそが唯一のカギ」というイメージがつきものですが、時として予備校という選択肢もまた、非効率となりえます。
社会人の場合、通学すること自体が煩わしさとなったり、高額な受講料が生活における重圧として感じられたりということは珍しくありません。
結果として、「何も無理をしてまで行政書士のハイレベルな合格率に挑まなくても・・・」と、学習を断念してしまうケースは多々見受けられます。


大人の資格学習で大切になってくるのは、「現在の生活の中に、自然に勉強を取り入れること」。そこには、単に時間的なことだけではなく、金銭的な要素も含まれます。

目指すべきは、無理なく取り組めてお財布にも優しい学習。
そうでなければ、大半の社会人受験生が行政書士の合格率を突破するまでに挫折してしまうことでしょう。

これらのことを考慮した上で、本サイトでオススメしたいのが「通信教育」という選択肢です。
通信教育というと「それだけで、行政書士試験のような合格率をクリアするのは難しいのでは?」と思われがちですが、それは誤解です。
最近ではすっかり教材のクオリティが向上し、自宅にいながらにして質の高い授業を受けることが出来るようになりました。
自分の都合で学習できる、通学に比べて受講料もリーズナブルとあって、働く人を中心に広く支持されている勉強法です。


社会人が無理なく学べるのは「通信教育」だけ。
近年の資格ブームの中においては、これがスタンダードになりつつあるようです。