行政書士試験の“真の合格率”とは?

「勉強している人の合格率は10%超え」と考えるべし

 行政書士試験の合格率についてはすでに別の項でご紹介したとおり、平均7%程度の非常に狭き門です。数字だけを考えれば「かなりハイレベルな戦いなのだな」「自分には無理だ」などとネガティブな気持ちになってしまいがちなのですが、必ずしもそうとは言えません。

 たびたびお話していることですが、行政書士試験は「他人との比較」ではなく、言ってみれば「自分との戦い」
自分さえ一定基準を得点できれば合格なのですから、行政書士の合格率にそこまで不安を感じずとも、勉強に励むことで着実にクリアできるようになっているのです。
このような考え方をしてみれば、少しハードルが低くなったように感じられませんか?

 そうは言っても行政書士の合格率、受験生にとってはやはり気になるところかもしれません。
「一般的には7%程度と言われているけれど、ちゃんと対策をした人たちだけに絞ってみればどのくらい?」などは特に気になる話題だと思います。
この問いに関しては、資格学校で公表している「行政書士講座受講生の合格率」に注目してみると、比較的分かりやすいでしょう。資格取得を目指して専用の対策をしてきた人たちのデータですから、ある程度信頼できますよね。
また、行政書士合格率の高さが教材や授業内容のクオリティを反映していたりもします。

PAK85_pinktecyoutohusen


 ちなみに、私が受講していたフォーサイトでは、行政書士コース受講生の合格率は実に10%超え!
全国平均を大きく上回る数字だからこそ、信頼の置ける講座であることは明らかですね。
実績あるツールで正しく学ぶことで、“アナタにとっての”行政書士試験の合格率はぐんと高いものになるのです。


>>合格できる教材はこのコース!<<