なぜ、年度によって差があるの?

絶対評価の試験だからこそ起こりえること。「難易度」の違いが原因に

前のページで「行政書士合格率の過去10年のデータ」をご紹介しましたが、この数字をご覧になった受験生の中には「なぜここまで差があるの?」と不思議に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
確かに、同じ国家資格で最近10年間の合格率に15%以上も差があるというと、何となく不可解な気がしないでもありません。

 行政書士試験の合格率の差は、「年度による難易度の違い」によって生じると言われています。これは、この資格が絶対評価で合否をジャッジされていることによるもの。
つまり、「受験生のうちの上位●%が合格」というわけではなく、「一定の合格基準をクリアすればOK」という仕組みのため、問題の難しさによってその得点をクリアできた人の数が左右されることにより年度で差が生じるのです。

 「他の受験生と比較してどの位置にいるのか」という基準ではなく「自分が難点とれたか」で合否が決まる行政書士試験ですが、だからこそ、作問する側には「難易度の差異をなくすこと」に最善を尽くして欲しいものですよね。
どんな問題にも等しく対応できなければならないのはもっともなことなのですが、それでも行政書士試験の場合には各回による合格率の違いが顕著です。
社会保険労務士のような「上位●%」がそのまま合格率になる試験においては、「毎回、不可解な調整が入ってグレーな部分が多過ぎる!」と非難されているようですが、行政書士のような基準にも色々と問題があるようです。

 難関国家資格を突破する上で一番大切になってくるのは、「偏りなく、ゆるぎない実力」
問題や基準のせいにせずとも、しっかりと合格できる確かな力です。
本サイトでは後半で、“合格力”を養う勉強法をご紹介していますので、ぜひご参考になさってみてくださいね!