どのくらい得点すれば合格できる?

180点/300点、このラインをクリアできるかどうかで決まる

行政書士試験は「ある一定の基準をクリアすれば誰でも合格できる」とお話ししてまいりましたが、本ページではこの基準についてご紹介していきます。

まず、財団法人行政書士試験研究センターが公表している配点は下記の通りです。

試験科目 出題形式 出題数 満点
法令等 択一式 5肢択一式 40問 160点
多肢選択式 3問 24点
記述式 3問 60点
46問 244点
一般知識等 択一式 5肢択一式 14問 56点
合     計 60問 300点
合格基準としては、
  1. 行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、122点以上である者。
  2. 行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、24点以上である者。
  3. 試験全体の得点が、180点以上である者。
となっていますので、最低ラインとして法令で50%、一般知識で40%の得点、
さらに総合得点で全体の60%が必要となってくるわけです。


ちなみに、行政書士試験における各科目の得点についてはおおよそ下記の通りとなっています。

【5肢択一式】
基礎法学8点、憲法20点、行政法56点、地方自治法20点、民法36点
会社法16点、商法4点、一般知識56点

【多肢選択式】
憲法8点、行政法16点

【記述式】
行政法20点民法40点


行政書士試験において、例年必ず上記のような配点とは言い切れませんが、ここ数年は概ねこの通りです。

マーカーをした通り、①行政法 ②民法 ③一般知識 の順で配点が特に高くなっていることが分かります。
行政書士試験の合格基準となる180点を得点するために力を注ぐべき科目、もう明らかですね!