行政書士合格率7%の壁を楽々越える方法

行政書士試験の合格率は、近年一桁台という非常に低い水準で推移しています。

ひと昔前こそ、「行政書士なんて誰だってうかる」などと言われていた状況がまるでウソのように、がらっとその様相を変えています。

ここ10年ほどの間に実施された行政書士試験の合格率は、平均するとわずか7%前後。

100人が受験して10人も合格できないということになりますから、以前までのイメージで甘く見ていたら到底クリアすることは出来ないでしょう。


しかしながら、誰もが行政書士の合格率の低さに、必要以上に身構えることはありません。

行政書士は他の国家資格と比較すると、受験資格というハードルが極めて低い試験の部類に入ります。裏を返せば、「誰でも気軽にチャレンジできるテスト」

大学で法律を専門に学んできた人にも、それこそ試験一週間前からちょっと勉強した程度の人にも、等しく受験の権利が与えられます。


公式に発表されている行政書士合格率は、ろくに対策をしていない“お気楽受験”組も混ざってのデータ。よって、いくらこの数字が低いからと言っても、ちゃんと勉強をして臨んだ方であればそこまで恐れることはないのです。


行政書士の合格率を考える際、事前に考慮したいのは「自分がどのくらいのレベルまで頑張れたか」ということです。

詳しくは後述しますが、行政書士試験は「他の受験生との比較」ではなく、「合格基準をクリアできるかどうか」で合否が決まります。

そのため、「本試験日までにしっかりと対策が出来て、模試でも結果を出せた!」という方であればその方の行政書士合格率はぐんと高まりますし、一方で「過去問もイマイチで気が悪い・・・」といったケースではやはり7%前後と考えた方が良いのかもしれません。

いずれにせよ、行政書士合格率の判断の決め手となるのは「個々の習得度」なのです。


a0055_000843



このサイトでは、すでにご紹介したような行政書士合格率の考え方をより深く解説すると共に、行政書士試験攻略のポイントもご紹介しています。

「行政書士、合格率低すぎて無理かも・・・」と、やる気はあるのにネガティブになってしまっている方には、ぜひ参考にしていただきたい情報ばかりを集めました。

受験を迷われている方は、本サイトを通じてぜひポジティブな気持ちと取り戻し、

夢に向かって挑戦して下さい!


>>NEXT POST>> 行政書士試験の“真の合格率”とは?


>>合格率に左右されず確実に合格するための勉強法